カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ

最新コメント

Ads by Google

Ads by 楽天

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

ペットボトル堆肥

Category : 準備・作業・アイテム
たまに気が向くと、ペットボトル堆肥を仕込みます。
今回はメロンの皮+その辺の葉っぱ+麦茶のカス+粉々に砕いた卵の殻などなど。


手順としては…

頭の部分を取ったペットボトル(切り口は保護した方がいいかもです)に、ダイソーのパーム用土を底に入れる。
次に、米ぬかをたっぷりまぶした生ごみ投入。さらに米ぬかをパラパラ。その上に、安い腐葉土とダイソーの炭を入れる。その上にまたパーム用土。

これを3回ほど繰り返して、最後にパーム用土で蓋をするように厚めに詰める。(あまりギューっと押し込まない)


で、出来るのがこれ。
iphone_20110615175819
↑6月13日

後は、ボロTシャツやタオルでふたをする。輪ゴムでとめて出来上がりです。

iphone_20110615180152.jpg
↑こんな隙間で管理できます

生ごみたい肥は、切り返しと言ってたまに混ぜた方がいいらしいのですが…
まきばのペットボトル堆肥は…



Caution!!
絶対に開けません


撹拌が必要らしいけど、それすらもしません。
なぜなら虫を目視したくないので。ただひたすら放置。忘れた頃に分解されてます。

こちらは、ブログを始める前に仕込んだ物です。(3月上旬だったかな?)
iphone_20110615170207
↑約3カ月でサラサラです


この頃初めて中を開けて別の容器に移して軽く混ぜました。

この時も確かメロンの皮を入れたはず。あとコーヒーかす。その辺の葉っぱなどなどです。
跡形もなくニオイもしません。強いてあるなら、カブトムシかなー

この方法だとたくさんは作れないけど、安い腐葉土に混ぜてさらに追熟して使ってみます。


一番上のパーム用土は厚めに、米ぬかはケチらず、生ごみは腐ってないもの。
これを守ればあら不思議☆プチエコ気分ですw


しかし…これからやってくる暑い夏。大口叩いたけど、一抹の不安です(´д`)



にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ

↓夏になると腐りやすいお年頃♪のまきばに拍手!

web拍手 by FC2

ほほ~
やってみっかな。

>強いてあるなら、カブトムシかなー

これはニオイがカブトムシ系ってことですよね?
カブトムシ発生したら、私、気絶しますので確認(゜゜)

ここっけい様

あ、そうです。カブトムシマット?ニオイです。
カブトムシ発生したら面白いのに…(アホ

時間かかりますよー。そして決して見てはいけませんw
多分何かしらうごめいていると思われますので。

でも、跡形もなくなる感覚はなんとなく癖になります。
春先は順調でしたが、夏場は賭けです┐(´∀`)┌
非公開コメント

  
ツイッターパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。