カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2012年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ

最新コメント

Ads by Google

Ads by 楽天

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

トマト近況・その2

Category : ミニトマト
本日は東側リビングベランダです。

ここは朝日が当たる良い場所なのですが、狭いベランダなので室外機の熱風被害が多少なりともあるようで。
日々カラカラに乾いていくミニトマトの葉っぱ達が痛々しいのです。

20120727a.jpg
↑トスカーナはこんなだし

まるっきり機能していないであろう葉をそぎ落としていたら、こんなお姿に…
去年の西側で育てた時はこんなにならなかったなぁ。いくら暑くても自然の西日より、人工的な暑さの方が野菜には耐えられないって事なのかな。

でも実付きはなかなか良いですよ。
20120727b.jpg
↑ダブルです

うまい事全部色づいていれば、本当にブドウのようだろうなぁ。巨峰程の大きさは無いけどね。
ちなみにお味は、美味くとも甘くともありませーんw

続いて、ちいさなももこちゃん。
20120727c.jpg
↑中玉?

うーんんんん。
ミディトマトと呼ぶにはちょっと小さいかな。こちらもそれほど糖度も高くなく。
色は綺麗なピンク色だけど、ピンクエッグを見てるからさほど感動も無く。

ただ、皮は薄い気がするので食べやすいです。


あとここに置いてあるトマトはピンクエッグ2鉢。
20120727d.jpg
↑スパルタもさすがに終盤

いい加減に育てているからなのか、もうお疲れモードっぽいです。
切り戻す気も無いし、ついている実が色づいたら撤収。でも採種はスパルタで育てた実から採ってみようと思ってます。なんか強そうだし(´∀`)

20120727e.jpg
↑土耕は教科書的な育ち方

背が大きくなりすぎず、実の付き方もまずまずです。
これが本来のピンクエッグなんでしょうねー。とにかく上に上に伸びていくアイコとは大違いですよ。
病気にもダニ系にも強い気がするし、非常に育てやすいです。

とは言えお味の方は、土耕もやはり酸っぱかった。
育て方関係なく、これはピンクエッグ本来の味だと言う事で納得しましょうそうしましょう。


さて今日もここで力尽きまして、明日は水耕ゾーンのトマト達の近況をお伝えしたいと思います。
はーやれやれw



futaba_br.gif Ctrl+クリックで連続ポチ出来ます♪ futaba_br.gif
p-bw3.gifp-c3.gifp-w3.gif
futaba_br.gif いつも応援ありがとうございます♪ futaba_br.gif
スポンサーサイト


web拍手 by FC2

トマト近況・その1

Category : ミニトマト
トマトコーナーを拡大し過ぎたので、分けて記事をUPしたいと思います。
今日は主に土耕ですね。

まずは唯一の大玉・100円苗のサントリー本気野菜ロッソロッソ。
20120726a.jpg
↑いいケツしてます!

大玉ならではなのでしょうか、茎も太くてがっしりしてます。節間が狭いのは、品種なのか肥料が効きすぎなのかわからんので、当分追肥は控えましょうかね。

それにしても、花つきがよろしいし脇芽が出まくるったらありゃしません。
20120726b.jpg
↑実の先に脇芽

もーグイグイ来ちゃってますね、ロッソロッソは。
ヒョロ苗だったとは思えないほど立派に育っております。

小さくても数を取ろうかとも思ったけど、大玉の意味ないじゃーんと思い直し、ちゃんと摘果&摘花しております。花房ごとに3~4が限界かしらね。
今の所尻も腐れてないし、出来るだけ大きくなってもらって赤くなるのを待つばかりでございます。


それと西側は脇芽天国になっておりまして、ペットボトルに挿しまくっては増え続けております。
20120726f.jpg
↑よく根が出るんだこれが

ロッソロッソも太めの挿し芽が成長中。
20120726c.jpg
↑少しずつ液肥を吸わせてます

根が出たものから順番にペットボトル水耕に移行して入るのですが…
20120726g.jpg
↑早くも実が!

移行を待てずに、根を出すついでに実もつけちゃってる脇芽もおります。
20120726d.jpg
↑引っ越しぷりーず

水耕装置を作るのが追いつかないと思い、枝豆跡地のトロ箱に次々突っ込んでいってしまいました。
20120726e.jpg
↑カオスな脇芽ランド

もうどれがどの品種だかわかりませんの。色づいてからのお楽しみ。って事にしとく。
上がつっかえてしまうので、第一花房のみで収穫して次々植えていければいいなと目論んでおります。

そううまくいくもんか!と思われた方、多分あなたが正解ですw


ここまでは過酷な西側ベランダのトマト達。
明日はリビングベランダのトマト達の近況をご報告しまーす。

何故今書かないかと申しますと、力尽きてしまったからですw



futaba_br.gif Ctrl+クリックで連続ポチ出来ます♪ futaba_br.gif
p-bw3.gifp-c3.gifp-w3.gif
futaba_br.gif いつも応援ありがとうございます♪ futaba_br.gif


web拍手 by FC2

ゴーヤに雌花出現!

Category : ウリ科
長い事男子校状態であったゴーヤ学園。今まで沢山の雄花が打ちひしがれ散り果てていきました。

20120725a.jpg
↑自主退学

そしてやっとの事で、念願の女子が入学してまいりました!
20120725b.jpg
↑隠れてました

20120725c.jpg
↑こちらも隠れてました

かなり控えめに、葉っぱの裏に潜んでいたのでわからなかったのです。
探してみるとポツポツと女子の姿が見られるではありませんか。

20120725d.jpg
↑喜ぶ男子

実の成長が早いので、近いうちに初収穫となるでしょう。
自家製のゴーヤトマトジュースが飲みたい♪


お隣のキュウリは、一時期葉がゴワゴワのカラカラになってしまったのですが、傷んだ葉を全て落としたら元気を取り戻してくれました。
20120725e.jpg
↑子づるから続々と

元気になって実をつけ始めてくれたのは、液肥をあげ始めたからかもしれません。
20120725f.jpg
↑今は空っぽだけど

毎日の水やりの時に、うっすーい液肥をほぼ毎日入れてます。
キュウリならあげすぎでダメになるって事無さそうだし、これ効き目あると思います。


んで、葉っぱの状態と実が大きくならない事態を見て、もうダメかと思っていたのでうっかり挿し芽なんかしちゃってました。
20120725g.jpg
↑そして根出しも成功しちゃってました

こんなに簡単に根が出るとは思わず、他に2つほどあるんですけど…
せっかくなので、水耕で秋キュウリ目指してみようかな?


なんやかんやで大賑わいのウリ科ですが、おかげ様で立派なカーテンになりました。
20120725h.jpg
↑鬱蒼としているとも言う

いいんです!寝室の西日軽減に貢献してくれていれば、鬱蒼としていてもいいんです!
ほら!
20120725i.jpg
↑ちょっと透けてるけど

これで遮光カーテンしておけば、夜の温度はかなり低く抑えられていると思われます。
見た目も涼しげだし、緑のカーテン最高☆

去年は今頃から始めてもそこそこの大きさになりましたので、今年はもう無理かなと諦めてる方、まだ間に合いますよー!
もし苗を手に入れられたら、ぜひ初めて見て下さい(*´∀`*)



futaba_br.gif Ctrl+クリックで連続ポチ出来ます♪ futaba_br.gif
p-bw3.gifp-c3.gifp-w3.gif
futaba_br.gif いつも応援ありがとうございます♪ futaba_br.gif


web拍手 by FC2

ぼたんこしょうが丸くならないーーー

Category : トウガラシ属
あら、気がついたら1週間も更新してなかった…

その間にも夏野菜は成長してゆき、どんどん様変わりしていっております。
秋冬野菜の種蒔きもしなくちゃだし、ダラダラしてらんないわーって感じで日々ダラダラ過ごしているワケです。


そんな中やっと重い腰をあげて更新する本日の記事は、トウガラシ属@ホットペッパーメインでお届けいたします。

まずは韓国トウガラシ。
20120724b.jpg
↑真っ赤っかだー

去年同様、1つ1つが大きく育ってくれております。ただし… 

20120724a.jpg
↑葉っぱがなーい

アブラー攻撃に耐えかね、カッとなってほぼ葉っぱを落としてやりました。
今後様子を見て、新芽次第で秋までひっぱるか撤収か決めたいと思います。

同じくハバネロも同じ運命に。
20120724c.jpg
↑まるっと裸んぼ

こちらは一度も実がつくまでに至っておりません。
ハバネロや ああハバネロやハバネロや(意味無し

こちらも状況次第で撤収です。でもすでに新芽が出始めているので、様子見ですな。


そして期待のぼたんこしょう。
ピーマン型のずんぐりむっくりの形をした辛トウガラシとの事なのですが。
20120724d.jpg
↑スリムですけど?

と言うか、お尻の形からしてまるっきりシシトウなのですが?
いつか丸くなるのかと信じ、見守っていたら赤くなってきてしまったし。

信州の伝統野菜なのですが、近くで同じ種類の野菜が育っていない事が条件にあったりするそうです。
やっぱり交雑してしまうからですかね。

なので、このぼたんこしょうも混ざってしまってこうなったのかな。
F2種から育てたのならともかく、苗からでこうなってしまうとは…ちょー残念。

なのでこの実は種採り用に熟させてしまい、ハバネロ同様葉を落として様子見時期に突入します。
今年はホットペッパーの出来がイマイチで悲しい事この上ない(ノД`)


それでもなんとか収穫できそうな実を集めたら、なかなかの量になりましたよ。
20120724e.jpg
↑ひもとうとピーマンも収穫

どう使おうかとしばし悩み、いっその事全部使ってしまえーと思いナス肉味噌炒めにブチこんでしまいました。
そしたらですね、思いのほか韓国トウガラシが辛すぎて罰ゲームのような激辛料理にw

主人と二人で悶えながら食べましたが、完食ならず。
何やってんだこの夫婦(´ε`;)


なんかここ数日過ごしやすくて、ベランダでの作業がはかどりやすくて助かってます。
が、野菜はイマイチ活気がありませんね。
私的には一生こんな天気でもかまわないのですがね←インドア派

さー今日も曇っているので、今のうちに土の再生にはげみますかね。





web拍手 by FC2

スパルタイピングエッグ収穫!

Category : ミニトマト
根を洗って切って定植、培地は日向土、肥料は緩効性肥料のみ、、水分最小限で育てたタイピングエッグ。
やっと一番果が色づいて来ました。

20120717b.jpg
↑これは数日前です

ここから一気に濃いピンクになり、これ以上待ったら割れそうなほどパンパンだったので収穫。

20120717c.jpg
↑比較は愛機の蓋

重さは22g程度でした。
さすがに糖度はわかりませんが、とりあえず水に沈むか実験をやってみる事に。
20120717d.jpg
↑躊躇なく沈みました

実の詰まり具合はどうでしょう。
20120717e.jpg
↑特に目立つ要素はなし


さて問題のお味の方なんですが…


酸っぱい。甘さ無し。酸っぱいのみwww
皮は思ったより硬くなかったですね。アイコを食べ慣れてるからかな(ノ∀`)


うーん、これは育て方の問題なのかどうなのか。
スパルタとは対極にある育て方の水耕と、普通の土耕とも比べてみないと何とも言えません。
次は水耕が採れそうなので、次のレポを待たれよ!



ちなみに本日のスパルタイピングエッグ。
20120717a.jpg
↑ぐったりしてますねー

1週間ほど水あげてませんからね、連日の気温では当然でございましょう。
でもどうやら慣れてしまったようで、培地の表面が乾いていても数日間はシャッキリしてます。
バド様曰く、病気もしなくなるそうです。

確かに他のトマトは、下葉が枯れたり黄色くなったり謎の斑点が出たり。
この子は本当に手入れも何もしてませんが、葉が汚くなる事はありません。

全部とは言いませんが、来年もこの育て方はやってみたいと思っております。
ホーム桃太郎あたりに挑戦してみようかな?


他のトマトも一気に収穫時期が訪れて、消費が追いつかなくなってきました。こんな時はトマトジュース!
これまたバド様曰く、バナナと一緒にミキサーすると青臭さが消えて飲みやすくなるそうです。
これにゴーヤも入れたらさぞかし健康そうなジュースが出来上がるであろう。

紫外線対策していても地味に焼けている感じなので、ビタミンCをたくさんとっておかないと(*´・ω・)(・ω・`*)ネー



futaba_br.gif Ctrl+クリックで連続ポチ出来ます♪ futaba_br.gif
p-bw3.gifp-c3.gifp-w3.gif
futaba_br.gif いつも応援ありがとうございます♪ futaba_br.gif


web拍手 by FC2
ツイッターパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。